アシナガバチの巣を発見した際は|駆除業者に依頼で安心

男の人

対処方法を知る

男性

日本には様々な害虫がいますが、ハチはその害虫の中でも気性が荒く攻撃的だと言えるでしょう。特にスズメバチによる被害は有名で死亡事故も毎年起こっています。また、周りの認知度も高いため迂闊に近づく人も少ないでしょう。しかし、スズメバチ以外にも危険なハチは存在しています。それがアシナガバチです。アシナガバチは日本に広く生息していて、森や林の木の上だけでなく民家に巣を作る事もあります。そして女王蜂を中心にしてどんどんと数を増やしていきます。数が増えるのと共に巣も大きくなるため、小さい巣のうちに駆除したほうが良いと言えるでしょう。巣が大きく成長してしまうと駆除が大変で大掛かりになってしまいます。なので、その分業者に依頼した際に費用が多く発生してしまう可能性もあります。なので、アシナガバチが巣を作った場合はすぐに駆除業者に依頼しましょう。また、ハチの活動が活発になるのは夏頃だと言われています。夏休みなどの行楽シーズンにも当たるため、外出時にハチに刺されてしまったという被害も相次いでいます。こういった時も油断せずに常にハチを警戒しておく気持ちが大事だと言えるでしょう。もしハチの巣を見つけても興味本位に近づかない事も念頭に入れておきましょう。スズメバチなどは、巣に近づくとチッチと警戒音を鳴らします。なので、こういったサインにも耳を傾けるだけでも刺されるリスクを回避する事に繋がります。また、香水をつけない、黒い服を避けるというのも非常に重要です。香水は強いニオイにハチが近づいてくるのを避けるのに繋がり、黒い服はハチの巣を攻撃する熊と勘違いさせる事に繋がります。

Copyright© 2016 アシナガバチの巣を発見した際は|駆除業者に依頼で安心 All Rights Reserved.